サブスリー達成に至るまでの練習日誌を綴ったブログ
昨日の続きです・・・

【40~50km】

“銀河なめとこライン”の登りに差し掛かり、もうキロ6分ペースは維持できなくなっていました
エイドでの滞在時間も長くなっています。

傾斜のきつい所では、後半に脚を残すためにランから歩きに切り換えました。
でも、ただ歩くのではなくストライドを広げての早歩き  タイムロスは最小限に抑えます。

47km付近の豊沢ダム
2011061501.jpg
景色を楽しむ余裕なんてありませんでした

2011061502.jpg
この辺りは前後にランナーの気配なし。 孤独感も募ってきます

唯一の気分転換はエイドの方々との会話です
私の面白くもない冗談にみんなで笑ってくれました 
えっ? もう50km走っちゃったの? まだ5kmぐらいかと思ったよ・・・とか、
先頭とは何分差? 3分ぐらい? すぐに追いついちゃうね!・・・とか。 ランナーズハイ状態


2011061503.jpg
そして中間地点の50kmに到達。
この10kmはキロ6分ペースに対し、4分半ぐらい貯金を使ってしまいました

50km通過 4時間48分04秒  (31'44" 32'37")


【50~60km】

40kmで飲んだバファリンが効いたのか? 痛みがあった左膝は走れないほど悪化せず。
しかし、52.5kmを過ぎてから登りの傾斜は最大となり再び歩いてしまいます

でも、電柱1本歩いたら、次の2本は走ろう!とか、
その場その場でルールを決めて必死に登りました

そして55kmからは2~3kmトンネルが続きます
2011061504.jpg
私にとって、このトンネルは歓迎すべき所
暗くて少々走りずらかったのですが、とにかく涼しい
火照っていた体から熱が抜けていく爽快感がありました。

トンネル内は少しペースアップ!
トンネル抜けたら 67.5kmのレストステーションまでは、
下りが多くなるので 気持ちを切り替えられました。
 
60km通過 5時間50分56秒  (32'38" 30'15")



【60~70km】

気付いたらサブ10ペースに対しての貯金が10分ありません

これはヤバイ! 後半の失速を考えるとここで踏ん張っておかなくては!
そう思うと体も反応してくれて、下りを上手に走ることが出来ました。
60-65kmは復活の 26分42秒

その後、66.5km地点のレストステーションに到着。
預けていた荷物からエアーサロンパスを取り出して左膝に噴射
さらに、もう1回バファリン投与・・・  頼む!これで最後までもってくれ!

エネルギージェルの補充後、もっと休みたい気持ちを抑えてステーションを出発

2011061505.jpg

65-70kmはレストステーションでのロスを含んで32分11秒
60km以上走ってきて、タイムを取り返せたのは自分でも驚きでした

70km通過 6時間49分49秒  (26'42" 32'11")

続きは、明日のゴール編に続きます・・・
スポンサーサイト