サブスリー達成に至るまでの練習日誌を綴ったブログ
まずは大体のコースを把握しておきます。
 
午前4時 北上総合運動公園をスタート
北上市・花巻市・西和賀町・雫石町を北へ進み
ゴールは雫石総合運動公園 午後6時までにゴールして完走
(制限時間14時間)

銀河コース

スタートして、いくつかのアップダウンを繰り返しながら57.5km地点までは上り。
レストステーションは66.5km地点の一箇所。 
多分、超苦しいと思われるラスト20kmからゴールまで、
下りになっているのは幸か不幸か?

銀河高低図1

100kmコースの高低図を20cmで表現するのは無理があるでしょ(笑) って事で、
レースレポなどを参考にさせてもらう事にしました。



この大会を5回以上完走したことのあるランナーの声より

・40キロ過ぎからのなめとこラインの上りと長く暗いトンネルを
 どのように克服するかが完走を左右する

・このコース最大の山場は豊沢ダムとその奥の長い何本かのトンネルです。
 延々と続く長い上りに耐え、暗くて長くそして肌寒いトンネルに負けない精神力が必要

・80km付近の急な下り坂でとどめを刺され足が動かなくなってしまい、
 ゴール前の約3kmの最後の上りが本当に苦しいことがありました。

・35kmからのなめとこラインと言われるだらだら上りは
 足に応えダムを過ぎ50km付近で失速のランナーを見かける記憶が強いです

・日陰が少ないコースなので、晴天になった場合は暑さの馴化ができていないと厳しいだろう

・その他いろいろ




なるほど・・・
要約すると難関のポイントは3つかな。

1.なめとこラインの長~い上り坂 (35km~57.5km)
2.出口が見えてこない、いくつかの長~いトンネル
3.後半の急な下り坂

どこの大会でも100kmは甘くないってことですね。
それと去年のこの大会の最高気温は30度超えたらしいです

たぶん、苦しくてつらい道のりになるんでしょうけど、それも今は楽しみなんです
スポンサーサイト