サブスリー達成に至るまでの練習日誌を綴ったブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校野球での選手宣誓。 東北高校の選手達の全力プレー。
今日のサッカーの日本代表vsJリーグ選抜。
私たちはスポーツから感動を沢山貰いますよね

我々のマラソンはどうでしょうか?

東京、長野、湘南国際、つくば、かすみがうら、佐倉・・・
今まで沢山の大会に参加してきましけど、何処に行っても感じる事は、
沿道の応援やボランティアの方の暖かさです!

『頑張って!』 と 『ありがとう!』
人生の中では本当に一瞬の出会いではありますが、確実に気持ちは通じ合います。

大会の雰囲気に包まれた街は、ランナーやボランティアの方だけでなく、
何十万人の応援の方たちと一体化して人間の絆の強さに溢れています。

一般市民が参加できて、これだけの規模で気持ちが1つになるスポーツは
マラソンぐらいじゃないでしょうか?

素晴らしきスポーツ マラソン!

元気がなく停滞してしまっている今だからこそ、
マラソンの大会は中止にせず開催するべきだと、最近は思うようになりました。

みんなの気持ちが1つになって、元気や勇気や人間の絆を
実感できるマラソンの特性を、大会関係者の方に、もっと感じてもらいたい。


今まで大会が中止になってきた事は適切な判断であり、
現状を理解すれば当然のことだと思います。
でも、なるべく早いうちに、この中止が続く状態や自粛ムードに
ピリオドを打つ事も必要だと思います。


「いわて銀河100㎞チャレンジマラソン」 は開催されるそうです!

「岩手がこの難局に負けずに頑張っている姿を発信する事が
大切なことだと判断させていただきました。」


この一文に乗せた気持ちは、参加するランナー、ボランティア、大会関係者、
そして地域住民みんなの決意表明だと受け取りました。

それだけじゃない・・・
青森の『ねぶた祭り』や、仙台の『七夕祭り』も、地元では諦めていないと聞きました。
だからこそ、被災していない地域がいつまでも後ろ向きな考えのままではダメだよ。

マラソンはみんなが1つになれる素晴らしいスポーツ。
1日も早く大会が開催されるようになる事を願っています!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。