サブスリー達成に至るまでの練習日誌を綴ったブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月も終り、気が付くと1年の半分が終わってしまいました。
今日は2010年上半期のレースを振り返ります・・・


【千葉マリンマラソン】 1月24日 21.0975km 1:28:30

この地区特有の風がなく走りやすいコンディションでした。
ハーフで初の90分切。 たとえハーフでも4'15/kmのスピードを維持できたことは大収穫。



【東京マラソン2010】 2月28日 42.195km 3:20:31

この大会までの調子は絶好調! 3時間10分切れる自信が少しだけありました!

4'30/kmペースで、ずっと練習してきたので手応えをつかんでましたし、
大会前の40㎞走でも上々のタイムで結果を残していたんですが・・・
さすがに思い通りの展開にはならず、マラソンの難しさを改めて知りました。 

自己ベストは更新しましたが気持的には惨敗。。
しかし極寒の雨の中でのレースからは、とても多くの事を学びました!



【佐倉朝日健康マラソン】 3月28日 42.195km 3:18:38

この頃は疲労がかなり溜まっていました。
古傷の右足の裏のタコの痛みと、左足首痛は日が経つにつれ徐々に悪化・・・

それでも、着地の衝撃と寒風に耐え、なんとか自己ベストは更新!
しかし、この大会で悪化してしまった足のダメージは大きかった・・・



【長野マラソン】 4月18日 42.195km 3:41:01

足の痛みをさらに悪化させないように、佐倉が終わってから長野まで、ほとんど走らず・・・

最初からファンランと決めていた大会なので、サブ4狙いで思いっきり楽しみました。
満開の桜&菜の花や、信州ののどかな山岳風景、数々の著名ランナーの参加、
そしてそして・・・何といってもこの大会は熱い沿道の応援が最大の魅力!
一回出たら病みつきになる大会ですね・・・

この長野マラソン終了後、皮膚科の病院にて足の裏のタコの切除!
同時に3週間程、ランオフしましたので足首痛も消えました。虫歯の治療も完了!(笑)

以上、2010年上半期の4大会でした。


私自身、走歴はほんの2年で、現在もランニングクラブには所属していません。
学生時代も陸上なんてやった経験もありません。

これは多分、素人発言なんですが・・・

今年の上半期は、長野マラソン以外の3レースを全て勝負レースとしてしまい、
身体や心の『ピーク』については全く考えてませんでした。

1月の千葉マリンでも、2月の東京でも、3月の佐倉でもベストな走りが出来るかと言えば・・・
結果的には3レースとも自己ベストは更新しました。

しかし、佐倉の前にはかなり足に疲労が溜まり、
東京マラソンの前に練習してきた4:30/㎞のペースが、
練習でも難しいペースになっていました・・・

そして気持的にも3ヶ月の間、ピークを続けるのは無理でした。
・・・食事なんかも、お酒なんかも妥協して・・・結構デブになってたし・・・
・・・早く佐倉が終わらないかな~とか思ってたし・・・


千葉マリン → 勝負 東京 → ファンラン 佐倉 → 勝負 長野 → ファンラン
こんな感じで、ちょうど良かったかもしれません?

なんか言い訳みたいですみませんでした・・・

上半期に良い経験をさせてもらったと思って、
また自分のマラソンに対する性格を把握した上で、
今後は11月のつくばマラソンに身体も心も照準を定めて練習して行きたいと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。