サブスリー達成に至るまでの練習日誌を綴ったブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前編の続きです。

【20~30km】
五輪大橋を渡り切ると中間地点
五輪大橋
中間 1:43:51

25km地点はホワイトリング
ホワイトリング
ここでも大勢の応援! ホント力になりました

ここからしばらくは千曲川近くのコース。
北アルプスも望め、満開の桜や菜の花がランナーを出迎えてくれます。

オリンピック施設や善光寺、そしてのどかで爽やかな長野マラソンのコースは、
本当にすばらしいです!

30km通過 2:32:18


【30~40km】
その後も快調に走り続けます・・・
ピース

ここでサプライズな出来事が・・・!

たしか35km過ぎ辺りでしょうか? 8名ぐらいの沿道の人達が大きい声で
私の名前をコールして応援してくれていました!  しかも全員女性・・・
えっ まさか? 私のファン? そんなのいねーし? 誰だろ? この人たち?

答はランナーズアップデートでしたね。 ゼッケン番号入力で氏名が出ますから・・・
誰かが予め調べて連絡したのでしょうか? 双眼鏡を使ったのでしょうか?
この応援には驚かされました。。 疲れが一気にぶっ飛びましたね!

ちなみに私が通り過ぎた後、違うランナーにも同じ事やってました

40km通過 3:29:02

【40~42.195km】

そして感動のクライマックスへ!
40km過ぎに、再びハイタッチしたはずのQちゃんが後ろから走って来ました。
多分20~30人ぐらい引き連れて・・・

そしてすぐさま背後につき一緒に走ります。
市民ランナーの憧れの存在であるQちゃんが、こんなに近くにいるなんて!
そう思うと、夢ではないのか!? と錯覚してしまいます。

走っている最中もみんなに言葉をかけてくれながら楽しく走ります。

ゴールの競技場まで続く一本道・・・Qちゃんに対する声援は、もの凄いものがありました。
エリートランナーや大学駅伝の選手は、こんな感じで声援をもらっているのかな~?

ちょっとした隙をつき隣の位置をゲット!もう、絶対にこの位置は譲りません

ロードが終り競技場のトラックに入った時は、
終わるな! まだまだずっと一緒に走りたい! と思いました。。

そしてみんなでバンザイ! 笑顔のゴール!
残念ながらゴールの映像はありませんでした・・・あとは25日放送のNHKに任せます。 頼むよ~。

ゴールした時Qちゃんは真横にいましたよ そして握手も 笑顔ステキ~

トラックに帰ってきてからは、その時々のゴールするランナーと
何度も一緒にフィニッシュしていました。  Qちゃんやさしい~

タイム 3:41:01

足首はレース中は持ち堪えましたが、ゴール後はズキズキ・ジンジン。。
でもそんな事はどうでもいいです!

沿道の応援 熱心な大会運営、コースレイアウト、多くの有名人ゲストランナー、
どれをとっても完璧です!
 
長野マラソン  最高の大会でした!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。