サブスリー達成に至るまでの練習日誌を綴ったブログ

2017/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴール後は、怪盗紳士さんとビールを飲みに新橋へ。
サブスリー達成した後の一杯! うま杉~(笑)
現在の日本経済や今後の宇宙開発の話題をツマミに話が盛り上がりました(嘘)

その後は、豊洲のららぽーとにブログ村の方々が集合しているとの連絡をもらいましたので、
合流させてもらいました。 みんなからオメデトーって言ってもらえて嬉しかったぞ!

途中で脚が重くなりましたが、苦しい場面はほんの少しでしたので、
あの時はサブスリー達成の実感はなかったのですが、
今頃になって、高い壁を乗り越えられた喜びを実感しています。


この東京マラソンの最後のレポで、
サブ3への挑戦をコンセプトにした このブログを少々振り返ってみます・・・

サブ3を目指そうと思ったのは、2009年のつくばマラソンで3時間半を切れたのがきっかけ。
目標を達成した喜びを初めて味わった時でした。

サブ3.5でこんなに嬉しんだから、もしサブスリー出来たらどれだけ嬉しんだ?
どうせチャレンジするなら、思い切って2時間台を目指してみるか!
高い目標を掲げたと同時に このブログも立ち上げました。

その記念すべき一番初めの記事に書いた言葉があります。
『すべての努力は、きっと出逢える感動の瞬間のために・・・』

ここで言う 『すべての努力』 って単純に苦しい練習だけではありません。
ダイエットや禁酒、禁煙とかもそう。  休みの日の時間を割くことや、
家族と共通の趣味ではないことを続けていくこともそれに該当するはずです。
走る環境の調整、モチベーションの浮き沈みの制御、グッズ購入の資金確保もそうかな。

でも、重たくて長い 『すべての努力』 を自分が頑張ってこれたのは、
『きっと出逢える感動の瞬間』 のためです。
その感動は何にも代えられない、自分だけが味わえる最高の心の充足なんです。

途中 何度か挫折しました・・・ 投げ出して1ヶ月間走らない時もありました・・・
でも、あきらめなくて本当に良かったと思っています!

今振り返っても、先日の東京マラソンは本当に夢舞台でした。
ずっと目標にしてきたサブスリーを、絶対的に別格な大会で決められた事は、
ランナーとして、これ以上の幸せはないです。。

沿道で応援してくれたブログ村の方々、応援のコメントを頂いた方々・・・
本当に感謝しています。 

2012030402.jpg

追伸、こんなに熱心に応援をしてくれた方もいらっしゃったんですよ~ → こちら
うーぱぱさん、ありがとね~。
スポンサーサイト
ヤバイよ(笑) ブログ村ランキングでスゲェー上位なんですけど
INポイントで3位 OUTポイントで2位!? みなさん、本当にありがとうございます


さてさて、昨日の続きです。

35kmを通過すると間もなく佃大橋、このコース最大の難所です!
でも、大会4日前に この地点からゴールまでは試走をしているので、
見慣れた景色に安心しました。

橋の上りは もちろんきつかったんですが、この時点でほぼサブ3は確信していましたので、
心の中では嬉しさで、かなり盛り上がっていました(笑)

そして、ついに来ました晴海橋! ここはブログ仲間の人口密度がとても高いよ~。

まず、一番初めに ぱっきーさん! 大きな声で応援してもらいました。
でも、肝心のコスチュームまでは目が行かず、それだけが心残りです(笑)

そのすぐ先に、金髪美女カツウォさん がいらっしゃったようなのですが、
残念ながら見つけられませんでした。 予定では、ここから金髪で走るつもりだったんですが

さらにその先に、永遠のライバル 怪盗紳士 参上!
2012030201.jpg
自分のブログネタを沿道で披露するあたり、我がライバルに抜かりなし!
どうやら、通過するランナーと沿道の人たちに好評だったようですね。
個人的には 『足が痛いのは気のせいだTシャツ』 とかで応援してくれたら、
さらに良かったかな(笑)

さらに、その先に うーぱぱさん 発見! 実に今日3回目! 本当に感謝感激です(´_`。)グスン

この晴海橋は嬉しくて笑いながら走ってたと思います。

次に目指すは東雲橋のランデザインさんのエイド。
遠くにノボリが見えたとき、「ノブノブさーん!」って モリモトさん の声が聞こえました。

ここにはコーラがあるとのことでしたが、ペースを維持するためにそのまま走り過ぎます。
みなさん応援ありがとうございました! 本当に嬉しかったです。。

(40kmラップ 22分02秒 4'24/km   通過タイム 2時間47分42秒)

40km通過。 ここまで振り返れば、こんなに楽しくて、あっという間のフルマラソンは初めて。
冗談抜きに、この沿道の声援の中をずっと走っていたいと思ったくらいです・・・

でも正面にビッグサイトが見えた時は、さすがに嬉しかったよ。
42km地点を過ぎて、ラストの195mはフルパワーで走りました!

ついに・・・
感動のゴォーーーール!
2012030299.jpg

グロス 2時間57分27秒 (ネット 2時間57分21秒)

このフィニッシュゲートは東京マラソン2012だけのゴールじゃなくて、
サブ3を目指して練習してきた2年3ヶ月間の終着地点でした。

たぶん、泣いてたな。 っていうか泣いてた(笑)

ゴール後、らっちパパさん と健闘を称え合い握手。 なんと!サブ50だそうで・・・
上には上がいるってことですね。

バスタオルとメダルを掛けてもらい ビッグサイト内で着替えを終えた頃、
近くまで迎えに来てくれた怪盗さんから連絡が入り、
ビールを飲みに新橋の街へ消えていきました。

東京マラソンのレポは もう1回  次回の【完結編】に続きます。
今日は4日ぶりに5kmだけ走りました。
キロ6分のゆっくりジョグだったんですけど、脚がプルプル状態に・・・

まだまだ疲労は抜けていない感じです。 しばらくは練習しないで飲み続けようかな(笑)



さてさて、昨日の続きです。

【20~35km】
20km地点を過ぎて日比谷交差点を右折すると中間地点です。
(中間地点通過タイム 1時間27分03秒 4'08/km AVE)

このタイム表示を見て、とても安堵した記憶があります。
サブスリーに対して約3分の貯金!
さらには 想定していた4分12秒ペースに対しても1分半も速い!

無理に飛ばしている感覚は全く無く、
ここに至っても 少し速めのジョグ感覚で走っている感じです。
絶対に今日は行ける! あと半分だ! このままのペースで走れば全然苦しくないぞ!
呼吸も全く乱れていなかったので、精神的にもゆとりがありました。

そして、舞台は銀座から日本橋へ。 この辺りは街並みも沿道の応援も華やか。
そういえば、この日の朝 つくさん からメールを貰っていました・・・
「沿道の応援は全て自分に向けられているものだと思って、サブスリーを狙ってください」って。
もうね、ここにいる沿道の人は、みんな自分を見ているんだ!とか勝手に思って、
気持ち良く走りましたよ(笑)

記憶が定かでないのですが、たしか茅場町辺りだったかな?
浅草で折り返してきた川内選手とすれ違いました。
この辺りでは第2集団からも遅れ始めていましたが、歯を食いしばっての懸命な走りです!
その表情を見て思わず 頑張れ、川内!って、叫んでしまいました(*´σー`)エヘヘ

(25kmラップ 20分49秒 4'10/km   通過タイム 1時間43分24秒)

25kmを通過した辺りから、少しずつ脚が重くなり始めました。
呼吸はまだまだ余裕があるんですが、サブスリーペースは脚への負担は甘くない。

脚の疲労を感じ始めた頃、浅草橋近辺で san-anさん が応援してくれていました!
背が高いからsan-anさん見つけやすいです(笑) やっぱり仲間の応援は力になりますよ!

さらには、雷門で折り返して戻ってきた30km地点でも応援してもらいました。
寒い中、本当にありがとう~。 奥様によろしくね~。
っていうか、自分のところは夫婦でマラソン観戦なんて絶対ありえないから羨ましいかも
(^∇^)アハハハハ!

(30kmラップ 20分57秒 4'11/km   通過タイム 2時間04分21秒)

再び銀座を目指して走ります。
実は、この30km地点から35km地点までが、今回のレースで唯一苦しかった場所なんです。
計算上は ここからは4分25秒ペースで走ればサブ3は達成出来るんですが、
わざわざ遅くする必要なんてありません。 

35km以降は大会の4日前に試走をしていてコースを把握しているので、
その地点まで減速しなければサブ3の自信はありました。

とにかく佃大橋まではサブ3ペースを維持しよう! 
そう思っても、やや苦しくなり、少し顔を歪めた瞬間、沿道に つくさん
「苦しくても粘って!」 この一番苦しかった地点での応援は効きました。
あ~、素晴らしきチバレン!愛・・・(笑)

つくさん、応援してくれるだけじゃなくて写真も撮ってくれました。
2012030101.jpg
後でこの写真見て驚きました。

というのは、この美脚! あっ、変な意味じゃなくてね(笑)
2012030102.jpg
自分で言うのもなんだけど、いい脚してるよ。 特にハムのところなんかボコッって感じで。
全く筋トレしてないんですけど、1月の500kmの走り込みで脚が出来てたんだなぁ。

(35kmラップ 21分19秒 4'16/km   通過タイム 2時間25分34秒)

そして、目の前には4日前に試走した光景が・・・ もう、この時点でサブ3は確信!
ここからゴールまでは、本当に楽しく沿道の応援や臨海地域の景色を堪能しながら走れました。

次回、感動のゴール編へ続く!
東京マラソンから3日が過ぎたというのに、筋肉痛は治まりません
それだけ追い込んだ走りが出来たということなのかな?

気持ちとしては、燃え尽きたという感覚は無いのですが、
今までのようにポイント練習をガンガン積んでいく気には、まだなれません。

しばらくの間は、ジョグのみで 春の訪れでも感じながら、自由気ままに走ろうと思います。



さてさて、昨日の続きです。

【10~20km】
10km過ぎても全然余裕です。 4分08秒ペースがジョグ感覚で続いていきました。 
調子が良い時に感じるリズムもあり、心と体のピークが大会当日に合った感じです。

右に増上寺と東京タワーを通り過ぎ、13km付近だったでしょうか?
エリートランナーとのすれ違いが始まりました。

この時って、一緒に走っているランナーは道路の中央に寄るんですよ。
近くでトップランナー見たいから。 みんなミーハーだし・・・。 私もだけど(笑)

まず先頭集団では、前世界記録保持者のゲブレシラシエ選手に目が行きました。
っていうか、オーラ出まくりでしょ!  っていうか、こんな近くで見れて嬉しい!
ランナーとして同じレースに出ている事を誇りに感じました。
その時点では、日本の藤原正和選手も第1集団をキープ。

次に第2集団。
もちろん、お目当ては我々市民ランナーの代表、川内選手!
眼光鋭く気合の入った走りを間近で見て、凄いパワーをもらった気がします。

エリートランナーのすれ違いも まばらになった14km付近の沿道から、
「ノブノブさ~ん!」って見知らぬダンディな方から声をかけていただきビックリ!
でも、前日にコメントを頂いていた うーぱぱさん だとすぐに分かりました。
うーぱぱさん、この後も17km地点と晴海橋でも応援してもらって感謝・感謝です!

(15kmラップ 20分45秒 4'09/km   通過タイム 1時間01分49秒)

品川の手前を折り返して、再び日比谷を目指します。
ここに至っても快調を維持。 上げ過ぎず、緩め過ぎずで、ひたすら淡々と距離を稼ぎます。

すると、折り返す前の る~ぷさん から激が!
る~ぷさん、自分の体調だけでも大変なのに、応援してくれるなんて・・・
よ~し、頑張るぞ! 再度気合を入れ直しました。

(20kmラップ 20分46秒 4'09/km   通過タイム 1時間22分35秒)

中間地点を過ぎて、さらに進むと銀座、日本橋、浅草と続き、
この東京マラソンのコースの中で最も華やかな舞台に差し掛かります。


最も華やかな舞台なんですが、残念ながら時間です(笑)

続きはまた明日・・・
今日、マックでブロードウェイバーガー食べました! ずっと楽しみにしてたんだよね~。
もちろん おやつで(笑)

暴飲暴食モード全開です! 寝る前にポテチと柿ピー ボリボリ食ってるし・・・
手賀沼の時のコロコロしてた体型に戻るのも時間の問題だな(笑)

まぁ、こういう充電期間がないと自分は頑張れないんで気にしませんけど。



さてさて、昨日の続きです。

【~10km】
スタートロスは6秒で渋滞のストレスはありません。
東京のコースは道幅が広くて走りやすいです。

それでも1kmの距離表示看板まで自分がどれくらいのペースで走っているのか不安でした。
レースと練習では体感スピードが全然違いますから。

オーバーペースにならないように抑えているんですけど、4分30秒ペースとかだと遅すぎるし・・・
少し速めのジョグぐらいかなと思って通過したら、なんと! 3分55秒!

あら~、完全に舞い上がってんじゃん! もっと遅くしなきゃ
若干ペースを落とし2kmのラップは4分05秒。 まぁ、このくらいならいいか!?

最初は下っているせいもあって、4分10秒を切るペースでもジョグ感覚に思えました。
よ~し! このペースを維持して たんたんと距離を稼ごう。

(5kmラップ 20分20秒 4'04/km)

5kmをすぎた飯田橋近辺で、tokotoko親分の応援をもらいました!
自分の手には親分特製のグローブ・・・ チバレン!代表としても頑張らないと!

その後、竹橋、皇居を通過。
月に2回は練習に来る皇居でも車道を走ると景色も変わり新鮮な感覚です。

この辺りからは正確に4分08~10秒ペースをキープ。 依然としてジョグ感覚で走れてます。
そして10km地点の日比谷交差点を右折。

(10kmラップ 20分44秒 4'09/km   通過タイム 41分04秒) 

これから先の日比谷通りから第一京浜は、品川の折り返しによって、
トップランナーとすれ違うことの出来る東京マラソンの名所です!


名所なんですが、残念ながら時間になりました(笑)
この続きは、また明日・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。